Bungu Life Thinking

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

万年筆を修理に出す

20130823.png


結構前の話しではあるのですが、万年筆をメンテナンス中にピストンが曲がってしまうという
とんでもない状態になってしまいまして、いろいろ触っているうちにうっかり折ってしまうという
最悪の自体になってしまったわけで。

万年筆を修理しているお店に何件か連絡をしてみたものの、どこも受け付けていないと。。。
そんなこんなで半年くらいが経過していたわけなのですが、勤め先の近くに中古品を扱うショップが
あることを発見し、たまたま開いているので訪れたわけです。

店主と少し相談してみると、「今度持って来てくれませんか?」と。
で、今日の昼休憩時間に持参して行ったのです。

ピストンだけでなく、数か所マズイところがありそうですねと、初見で指摘を受けてしまい
自分の扱いがどんだけ悪かったんだよと凹んでいたところです。


とはいえ、目途が付きそうなら直してもらう段取りになったです。


費用も時間もどれくらいかかるものかは分からないそうですが、愛着のある万年筆なので
早く手元に戻ってきてくれることを祈ってます。


今後の展開はまた改めて報告します!



スポンサーサイト

  1. 2013/08/23(金) 22:26:18|
  2. Pen
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Pentel PG1804 0.4mm

そろそろと言うか、いい加減と言いますか、いくらなんでも更新しなさ過ぎな自分が残念になります。

今回はたまたま徘徊していた時に、偶然立ち寄った文房具屋で目に入った一品です。

Pentel PG1804 0.4mm \1,800

廃版品が目に入るのは非常に嬉しいもので、思わず購入してきました。
製図系の筆記具では稀に見る色合いで、この何とも言えない緑がとっても目に付きますね。




  1. 2013/06/04(火) 19:49:19|
  2. Pen
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

M200 デモンストレーター 開封の儀

Pelikan M200 デモンストレーター ¥12,600

2000年に限定発売されたM205 デモンストレーター。
気が付いた時には完売してしまっていて、結局手に入れる事が出来なかった悔しい想いがありました。
今回、装いもリニューアルして改めての限定発売。
無事に入手する事ができたので、開封の儀と行きましょう。

20120812_001.jpg



  1. 2012/08/12(日) 22:16:27|
  2. Pen
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NEWMAN 2色シャープペンシル

先月とあるイベントで訪れた北区の文具店で発見しましたNEWMANの2色シャープペンシルです。
正確には発見したというか、発見していたのを横取りしたといいますか。
先日紹介した4色シャープペンシルと同じで、現在は廃盤になっており、なかなかお目にかかれない
品物なので、大変嬉しい限りです。

20110710_001.jpg



  1. 2011/07/10(日) 22:09:08|
  2. Pen
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Fend SUPER NORMA 4color-pencil(4色シャープ)

Fend SUPER NORMA 4color-pencil

今回紹介するのは筆記具の中でもとりわけ珍しいのではと思われる一品です。
実際に手にするまで存在すら知らなかったというのですから、自分のまだまだ知らない事が多いのだなと
実感しております。

現代では多機能ペンというのは一般的で、どれもインク系のリフィルを使用していると思います。
今では消しゴムやスタイラスなんかも軸の中に入るんですから進化している証拠です。

ではボールペンが世に発売される前はどうしていたのかというと、色芯で色分けをしていた訳です。
多機能ペンというと1.18mmの芯を利用していたものが一般的だったようです。
残念ながら今では殆どその姿を見る事が出来なくなってしまっています。
このペン自体もさることながらこの箱もどうですか?素敵な箱ですよね。

20110619_001.jpg



  1. 2011/06/19(日) 22:19:07|
  2. Pen
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。