Bungu Life Thinking

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

de Libris 万年筆

de Libris 万年筆 アオ軸 Mニブ相当 ¥3,150

以前に訪れた鎌倉のTUZURUさんにて購入したde Librisの万年筆です。
軸色がとっても綺麗だったのでついつい購入してしまったわけです。
※この写真では良く分からないですね。。。

20110602_001.jpg




説明にはアオ軸と記載されているのですが、良く見ると「ミドリ」?っぽい気もします。

20110602_002.jpg

手に取った感じはとても重量感のあるしっかりとした万年筆という印象です。
同じような重さのACMEのペンと比較してもあまり変わらない気がしますね。
並べてみてもサイズ共に大きな違いもありません。

20110602_004.jpg

キャップに「de Libris」の名前が掘ってあるのが分かります。
この辺りに名前が入っているのは結構珍しいかと。

20110602_005.jpg

ニブはイリジウム製でMニブ相当。
この「相当」というのは正確には分からないそうです。
わたくし自身、ニブが大きくなるにつれて使い難い印象を持っていました。
実際に所持している万年筆も殆どがEFニブ。Mニブは持っていませんでした。

筆記した時に分かったのですが、あんまりその差を確認出来ません。
これが「相当」というものなのかな?とも思いましたが、EFニブと並べて書くとやっぱり太いですね。

インクはカートリッジ式で、専用のものは無くモンブランなどのが使えるとの事。
この辺のアバウトさが何とも言えないフリーな感じがいいですね。

20110602_006.jpg

キャップを後ろにはめると結構な長さになります。
むしろはめない方がバランスが良いのかもしれません。
隣のACMEとも比較しても随分と差があるのが分かりますでしょうか?
キャップの分後ろに重心がかかるので少しは重くなります。
軽く書きたい人はキャップを着けない方が書きやすいと思います。自分もそんな感じです。

20110602_009.jpg


※写真に自分が写りこんでるのは恥ずかしいですね。。。
スポンサーサイト

  1. 2011/06/02(木) 21:42:33|
  2. Pen
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<[ 告知 ] 筆記具改造講座 in デザマルマーケット | ホーム | 文房具交換会に参加してきました。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://micchyr.blog98.fc2.com/tb.php/35-41a95124
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。