Bungu Life Thinking

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

NEWMAN 2色シャープペンシル

先月とあるイベントで訪れた北区の文具店で発見しましたNEWMANの2色シャープペンシルです。
正確には発見したというか、発見していたのを横取りしたといいますか。
先日紹介した4色シャープペンシルと同じで、現在は廃盤になっており、なかなかお目にかかれない
品物なので、大変嬉しい限りです。

20110710_001.jpg



シルバーとブラックのシンプルな軸なのですが、どことなく懐かしい雰囲気があります。
自分の小さい頃はこのような機構の2色ボールペンというのは多く見かけた記憶がありますが、最近では
なかなか見かける事も出来なくなってしまい非常に残念です。。。

軸の中央に赤と黒の●があります。
この方向に黒軸の部分を●の色の方向に回転させる事で、その芯が繰り出される機構になっています。
20110710_002.jpg

クリップ部分。この微妙な角度も味がある感じがしちゃいます。
20110710_003.jpg

まずは赤を繰り出してみました。
20110710_004.jpg

次は黒を繰り出してみました。
20110710_005.jpg

クリップ部を引き抜くとまずは消しゴムが出てきます。
この辺の機構はどんなものでも付いていて欲しいものですね。
さらに消しゴムを外すと替芯がどっと出てきます。
芯本体が短いからこそ出来る機構ですね。
20110710_006.jpg

これ以上外すのが出来なかったのですが、口金部分を外してみました。
2色の芯が一応見えてます。
片方に回せば、グリグリと芯が出てくる。もう片方に回せば別の色芯が出てくる。
一方通行のように芯が出てきては、そのまま伸び出てくる。
そんな機構がたまらないですね。
20110710_007.jpg

まだまだこのような機構の芯シャープペンシルはあると思いますが、そんなもが少しでも見つけられれば
嬉しいのですが、実際にはなかなか見当たらないのが現実です。
町に埋もれてしまいそうな小さな文房具店を探してみては、いろいろ話を聞いてみたい。
そんな最初の一品に出会った気がします。

スポンサーサイト

  1. 2011/07/10(日) 22:09:08|
  2. Pen
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<肥後守 | ホーム | rethink "Lim Pen Sleeve">>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://micchyr.blog98.fc2.com/tb.php/42-1431d2a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。