Bungu Life Thinking

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

世界一のコレクションを訪ねて

言わずも知れた世界一の色物文房具コレクター きだてたく さんの家にお伺いする機会を頂いた。

色物文具専門サイト【イロブン】を主催されており、ブング・ジャムとして様々な紙面やイベントでお見かけすることもありますが、今回お声をかけて頂き、ご自宅へと行くことにあいなりました。
Ustなどで自宅からの中継も何度かされていますが、それを直接手に取って見れるなんてまたとない機会。

残念ながら時間の都合で1時間しかいれないというとんでもなく勿体ない始末。
我ながら自分のスケジュール感の無さにげんなりした。

20111113_010.jpg
手前がiPhone、Rader消しゴムとスケッチブックです。
こんなとんでもなサイズの所謂 イロモノ文房具が壁のようなケースの山に収納されています。


わたくしの背丈は176cm程あります。この身長よりもう少し高い壁。
手を伸ばしてやっと一番上のケースの中を探ることができる程高いのです。
もちろん上から覗き込まないと見れないので、小さなステップが用意されていました。流石です。

今回どうしても会いたかった物があります。
もう、「物」として語ることはできないはず。「娘」と表現するべきだと。
そして、その写真を一発目に収めることが出来てこの時点で満足しきっていたかもしれません。
かわいいアノ娘とはもちろんこいつなのです。
20111113_001.jpg
たぶん世界一気持ち悪い鉛筆削りだと思います。
映像でもヤバかったですが、本物は本当にヤバい。これは一度見るべきかと思います。

わたくしはコレ以上にない高揚感で胸がいっぱいでした。
なので、他に撮影した写真が中途半端になってしまってかもしれません。

ワニ型のスッテップラー。
重量感満載で、色艶もしっかり。
20111113_002.jpg

弁当型の文房具セット。
世代によっては相当懐かしい物だと思いますね。わたくしも小学生の時に同じ物を持ってました。
今思えば取っておけば良かったなぁと。
20111113_003.jpg

バービーのペンケース。
本数的にはほとんど入らないと同じだと思いますけど、見た目はカワイイですねぇ。
20111113_004.jpg

結構ツボに入ったのが「北」のペンケース。
外見以外は至って普通の缶ペンですね。
20111113_006.jpg

消しゴム。やっぱり所持されていましたか。
消しゴムマニアさんのHPトップにも掲載されていましたね。
20111113_007.jpg

世界最大級のノート、筆記具、消しゴム、はさみ。揃い踏み。圧巻ですなぁ。
iPhoneが小さいんじゃなくて、回りが大きいので。注意です。
20111113_009.jpg

ガンダムシリーズの武器をデザインした方のデザインした文房具。
名前を忘れてしまったのですがシリーズ化されているようで、しかも高い。。。
20111113_011.jpg

東京スカイツリー型ペン。
キラキラに光っていますが、ペン部分を抜くとちゃんと消えます。
20111113_012.jpg

指はめ式のペーパーナイフ。
きたてさんらしくちゃんと5つあります。
そういうことです。5つないとこういうことが出来ないんですよ。
20111113_013.jpg


残念ながらここでタイムアップ。
時間にして1時間しかいられなかったのは本当に残念でした。
1つづつ出しては丁寧に説明して頂いたり、遊び方を指導してくれたりと。

きだてさん本当にありがとうございました。そしてお邪魔しました。
これだけのコレクションを一気に見られる機会はそうそう無いと思います。

ここまで際立ったコレクションも数少ないと思いますが、その基準が何とも言えないです。

「学校にも持って行けるもの」

対外がアウトになるかもしれないですけど、自分に基準を定めて、それを探すのは並大抵の作業ではないと思っております。それが国内だけではなく、海外にまでに至とその幅はとんでもなく広がりますしね。

自分も筆記具が好きで探しては買ったり、見つけてもらったり。
何でも良いわけではないんですけど、基準って何だろうって。
そう思うとやっぱり難しいですね。難しくしているのは種類が豊富ってこと。

自分の基準を見つけて楽しい文房具ライフを!
スポンサーサイト

  1. 2011/11/13(日) 20:47:23|
  2. Events
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<[告知] 筆記具改造講座 in ブングテン5 | ホーム | 古きを訪ね新しくを知る>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://micchyr.blog98.fc2.com/tb.php/62-bd6c2e20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。